気に掛かってしまい毎日の入浴時に剃らないと落ち着くことができないといわれる気分もわからなくはありませんが

5月 12th, 2016

エステサロンに赴いてワキ脱毛をしてほしいと考えても、基本的には二十歳に到達するまで規制されているのですが、その年齢以下でもワキ脱毛を行なうサロンなども見られます。
一人一人で感覚は異なっていますが、重い脱毛器を用いると、処置が想定以上に苦痛になると想定されます。なるべく重くない脱毛器を入手することが肝心だと言えます。
殆どは薬局であったりドラッグストアでも手に入れることができて、医薬部外品と言われる脱毛クリームが、納得のいく料金だということでよく売れています。
何度も使用していたり切れ味が悪くなったカミソリでムダ毛をカットすると、自分の皮膚に傷をもたらすのは言うまでもなく、衛生的にも課題が残り、ばい菌が毛穴から入ることもあるらしいです。
敏感肌向けの脱毛クリームの特長は、誰が何と言おうと料金面と安全性、この他には効果が長く続くことです。単刀直入に言うと、脱毛と剃毛のダブル機能という感があります。

気に掛かってしまい毎日の入浴時に剃らないと落ち着くことができないといわれる気分もわからなくはありませんが、剃り過ぎはタブーです。ムダ毛のお手入れは、半月にせいぜい2回がいいところでしょう。
いくつもの脱毛サロンの料金や特別企画情報などを検証してみることも、非常に大事ですから、やる前に検証しておくことを念頭に置きましょう。
春になると脱毛エステに出掛けるという人がいるみたいですが、驚くことに、冬場から取り組む方が何やかやと効率的だし、金額的にも安いということはご存知ですか?
脱毛エステはムダ毛をきれいにするのみならず、肌をそっと保護しながらケアをすることを目指しています。そのお陰でエステをやっていただくだけじゃなく、それらの他にも思い掛けない結果がもたらされることがあると教えられました。
今話題の脱毛サロンのキャンペーンを通じて、安価で施術できる部分を検索している人や、自身がやってもらいたい脱毛エステの箇所ごとの情報が欲しいという人は、兎にも角にも見てみてください。

脱毛クリニックが行っている永久脱毛となると、医療用レーザーを活用しますから、医療行為とされ、美容外科または皮膚科の担当医にしか許可されない対処法だとされるのです。
生理の間は、おりものがアンダーヘアーに付くことで、痒みであったり蒸れなどが生まれます。VIO脱毛を行なったら、痒みまたは蒸れなどが消えたと言われる人も相当いると聞いています。
とにかくムダ毛は気になってしまうものです。それでも、何の根拠もないピント外れの方法でムダ毛を処理していると、大事な肌が負傷したり残念なお肌のトラブルに見舞われたりするので、要注意です。
体験やカウンセリングがなく、慌ただしく契約書を出す脱毛エステは断るほうが良いでしょう。とりあえず無料カウンセリングを活用して、十分に話を聞くことが大事ですね。
Vラインのみの脱毛であれば、2000~3000円ほどで可能です。VIO脱毛が初めてだという人は、一番初めはVラインだけの脱毛を行なってもらうのが、費用の面では安くできるのではないでしょうか。

この頃は

5月 12th, 2016

何種類もの脱毛クリームが売り出されています。ウェブサイトでも、多様なお品物が買えるようになりましたので、たぶん考慮途中の人も沢山おられるのではないかと思います。
表皮にちょっとだけ毛先を見せているムダ毛を無理くりに剃ると、炎症を引き起こします。えぐるように剃ったり毛の流れとは反対に剃るなどということがないように留意することが大切です。
はっきり言って、低料金で脱毛をと考えるなら全身脱毛だと感じます。1個1個脱毛してもらう時よりも、全ての箇所を一斉に脱毛することになる全身脱毛の方が、遥かに低料金になるのです。
以前と比べて「永久脱毛」というワードもごく普通のものになったという昨今の脱毛事情です。女の子をチェックしても、エステサロンに頼んで脱毛を行なっている方が、予想以上にたくさんいるようです。
脱毛器が違えば、その関連グッズに掛かる金額がまったくもって違ってきますので、商品代金以外に要する費用や関連消耗品について、詳細に把握して買うようにしましょう。

VIO脱毛サロンを決定する時に悩んでしまうところは、一人一人で必要とする脱毛プランが変わるということでしょう。VIO脱毛と言いますが、現実問題として皆同一のコースで行なえば良いなんていうのは無謀です。
今では、お肌に影響が少ない脱毛クリームもいっぱい売りに出されている様子です。カミソリなどでお肌などに傷を与えたくない人のことを思えば、脱毛クリームが適切だと思います。
この頃は、脱毛サロンに依頼してVIO脱毛をする方が増加中です。Vライン・Iライン・Oラインの脱毛をセットにした名前です。「ハイジニーナ脱毛」などというように呼ばれることもあると聞きます。
脱毛エステの期間限定施策を活用すれば安い金額で脱毛が実現できますし、処理する時に起きてしまう毛穴のトラブルとかカミソリ負けなどの外傷も齎されにくくなるでしょう。
脱毛クリームは、あなたの肌に申し訳程度に顔を出している毛まで排除してくれるため、ぶつぶつが目に付くこともないはずですし、ダメージを被ることもあろうはずありません。

多数の脱毛サロンの施術費用や期間限定情報などを対比させてみることも、すごく大切だと言えますので、始める前にウォッチしておきたいものです。
実際的にワキ脱毛をミュゼプラチナムで行なってもらいましたが、ホントに初回分の出費のみで、脱毛を終えることができました。無茶苦茶な販売など、全然なかったと思います。
口コミで大人気のサロンは、本当に大丈夫?全身脱毛を希望している方に、的確なエステ選択の仕方をご披露します。ばっちりムダ毛ゼロの日常は、快適そのものです。
TBCの他に、エピレにも別途費用なしでいつでもワキ脱毛可能というプランがあるそうです。この他「Vライン+両ワキ通い放題プラン」の用意もあり、これを依頼する方がかなり多くなっているらしいですよ。
やってもらわない限り判別できない店員の対応や脱毛能力など、経験した方の心の声を推察できるレビューを頭に入れて、後悔することがない脱毛サロンをチョイスしてほしいです。

昔を思えば

5月 12th, 2016

春が来ると脱毛エステに足を運ぶという人がいるみたいですが、本当のところは、冬が到来したらやり始める方がいろいろと有益で、金額的にも安いということは耳にしたことありますか?
注目を集めているのが、月額支払いの全身脱毛メニューだとのことです。所定の月額料金を支払って、それを継続している限りは、何度でも施術できるというものだと伺っています。
脱毛器それぞれにより、その関連消耗品に必要となってくる金額がまったくもって違ってきますので、脱毛器の他に要されるコストや関連アイテムについて、きちんと確かめてチョイスするようにしてみてください。
生理中ということになると、表皮がかなり敏感な状態になっていますので、ムダ毛処理でトラブルになることが珍しくありません。皮膚の状態に不安があるという場合は、その間は避けて手入れした方がいいでしょう。
昔を思えば、ワキ脱毛もリーズナブルになりました。どうしてかというと、ワキ脱毛を脱毛の入門編的な位置づけに設定していて何と言っても安い料金で体験してもらおうと計画しているからです。

産毛又はなよなよした毛は、エステサロンの光脱毛を利用したとしても、しっかりと脱毛することは困難です。顔の脱毛をしてもらいたいなら、医療レーザー脱毛が一押しです。
お風呂に入るたびにムダ毛をカミソリを使ってと言われる方も見られますが、毎日だと大切なお肌へのダメージが悪化し、色素沈着を招くことになると考えられます。
大概の女性陣は、お肌を露出する必要がある時は、徹底的にムダ毛を取り去っていますが、何の根拠もない脱毛法は、お肌自体を傷めてしまうことが想定されます。そのようなことに見舞われないためにも、脱毛エステでやってもらった方が良いと思います。
全身脱毛の場合は、それなりの時間が掛かります。最短でも、一年程度は通わなければ、思わしい成果には繋がりません。ではありますが、反面全てが済んだときには、悦びもひとしおです。
具体的にワキ脱毛をミュゼプラチナムにおいて行なってもらいましたが、ホントに最初の支払いのみで、脱毛が完了しました。無理やりの営業等、まったくもって見受けられませんでした。

エステサロンを選定する時のジャッジの仕方が明瞭になっていないと言う方が結構いらっしゃいます。従って、レビューが好評で、料金面でも問題のない超人気の脱毛サロンをご提示します
脱毛サロンで数多くの方が実施する脱毛部位は、露出が必然的に多い部位だと教えられました。これ以外となると、あなた自身で脱毛するのに手間が掛かる部位だとも教えてもらいました。この2つの要素がかぶっている部位の人気があります。
行ってみないと判定できない実務者の対応や脱毛の効果など、実体験者の正直なところを垣間見れる評価を念頭において、悔いが残らない脱毛サロンを選定して下さい。
体験期間やカウンセリングがなく、急に契約を勧める脱毛エステは止めるべきです。最初は無料カウンセリングを利用して、念入りにお話しを聞いてみてください。
脱毛するスポットにより、最適な脱毛方法は違うのが当然でしょう。手始めに諸々ある脱毛方法と、その効果の違いを覚えて、自分に適応する脱毛方法を発見していただくことが重要でしょう。

安くて美味しい回転寿司

11月 7th, 2012

スシローにお寿司を食べに行ってきました。
スシローは、お寿司が全皿100円という回転寿司です。
以前も行こうとしたのですが、そのときはちょうど夕食どきだったので、
行列ができていて、待ち時間が1時間くらいあったので、諦めました。
1時間の待ち時間は長いですよね。
私は、20分くらいなら待ってもいいかなと思うのですが、それ以上だとちょっと考えてしまいます。
待ち時間が1時間でも、それくらいなら待てるという人もいますよね。
それくらい待ってでも食べたいと思うものなら待つかもしれませんが、それでも1時間は長いなと思ってしまいます。

今回スシローに行ったのは、17時くらいで、
夕食どきにはちょっと早かったからか、まだお客さんはそれほど入っていませんでした。
スシローは、席にパネルがあり、そのパネルから注文ができるようになっています。

もちろん流れてくるお寿司もあるのですが、
食べたいお寿司をわざわざお店の人に頼む必要がないので便利でいいなと思いました。
パネルから注文を入れると、注文したお寿司が席の近くまでくると、
もうすぐお寿司がきますというアナウンスが流れます。
なのでお寿司を取り損ねるということはありません。

ランダムにいろいろなお寿司を流すより
注文されたお寿司を流すほうが無駄がなく、お店にとってもいいのでしょうね。
以前、回転寿司のお店でアルバイトをしていた人が、
何度も回ったお寿司は廃棄するか、お店の人が食べていたと言っていました。
ランダムに回していると、誰も手をつけないお寿司も出てきますよね。
お店の人が食べるのはいいと思うのですが、廃棄するのはもったいないですよね。

今回は、食べたいものがわりと流れてきたのですが、
パネルで注文したほうが新鮮なものがきそうだったので、
食べたいお寿司はほとんどパネルで注文しました。
お寿司は全皿100円なので安心して食べることができました。
私は、イカやサーモンが好きなので、イカとサーモンは十分堪能しました。

私は、お寿司のねたのことはよく分かりませんが、スシローは、
100円にしてはまあいいねたなのではないかと思いました。
一緒に行った彼は、お寿司以外に、茶碗蒸しやポテトフライ、デザートにケーキを食べていました。

2人でかなり食べたので、3000円はいくだろうと思っていました。
でも、お会計をしてもらうと、2000円ちょっとですんだので驚きました。
かなり安いなと思いました。安い料金でお寿司を堪能できて大満足でした。
また行きたいなと思います。

手作りのお菓子

11月 6th, 2012

今日、職場に先生の奥さんがケーキを作って持ってきてくれました。
その奥さんは、お菓子作りがとても上手で、たまにケーキなどを作って持ってきてくれます。
最近は、持ってこられることが少なくなったので、久しぶりだなと思いました。
今回作ってこられたケーキは、かぼちゃのチーズケーキでした。
一口サイズに小さく切ってあったので、みんな一個ずつとっていきました。
見るからに美味しそうなケーキでした。

同僚は、チーズが苦手です。
ピザなどにかかっているチーズは食べることができるのだそうですが、
チーズそのままの塊などは全く食べることができないのだそうです。
なので、チーズケーキもどちらかと言えば苦手だと言っていました。
でも、せっかく奥さんが作ってきてくれたので、
食べないわけにはいかないと思ったのか、普通に食べていました。

かぼちゃのチーズケーキは、かぼちゃの味が濃厚で、とても美味しかったです。
しっとりとした食感も良かったです。
かぼちゃの味が濃厚だったので、チーズケーキが苦手だった同僚も
美味しく食べることができたと言っていました。

お菓子が上手く作れる人はいいですよね。
女性としてちょっと憧れます。私は、めったにお菓子を作りません。
だいぶ前にレアチーズケーキを作ってみたのですが、
失敗なく簡単にできますというレシピだったにも関わらず、あまり美味しくできませんでした。
それ以来、ホットケーキを焼くくらいで、手のかかるお菓子は作っていません。

職場では、お菓子を作って持ってくる人が結構います。
先日も、ホームベーカリーを買ったからと言って、
そのホームベーカリーでバナナケーキを作って持ってきてきれた人もいました。
そのバナナケーキもとても美味しかったです。

カロリーを控えめにしょうと思って砂糖などを減らして作ったのだそうですが、
しっとりとしてバナナの味が濃厚でとても美味しかったです。

他にも、ラスクやコーヒーゼリー、ガトーショコラなどを頂いたことがあります。
みなさんすごいなと思います。
私も簡単なものからお菓子作りにチャレンジしてみようかなと思いました。

そういえば先日お菓子を作ってくれた先輩が、最近お菓子作り以外にも
ハマっているのが「ウィッグ」だと言っていました。
私はお菓子と同様にそちらの知識がないのですが、カツラとは違うのだとか。
(先輩にカツラですか?と聞いたら大笑いされて、ウィッグポータル【Wig Fan】を見なさいと言われました)

世の中には私の知らない知識がいっぱいあるものですね。

赤福を食べる

11月 6th, 2012

大阪に旅行に行ったときに、自分たちへのお土産に赤福を買って帰りました。
私は全国のお土産の中で、間違いなく赤福が一番好きです。
なんでこんなに好きなんだろうと自分でも思うくらい好きです。

赤福は、8個入りですが、食べていいと言われたら8個ぺろっと食べてしまえるくらい赤福が好きです。
以前は、叔父さんが関西に住んでいたので、よくお土産に赤福をもらっていました。
でも、叔父さんが九州に帰ってきてからは、赤福をもらうことがなくなり、最近は全く食べていませんでした。
そこで、関西に行くことがあれば、絶対に赤福を買って帰ろうと思っていたのです。

赤福に似たお菓子で、福岡のお土産のお菓子に博多ぶらぶらというお菓子があります。
博多ぶらぶらは、福岡では有名なお菓子です。
この博多ぶらぶらも赤福と同じようにお餅にあんこがのったお菓子です。
私的には、博多ぶらぶらは、赤福よりちょっと甘く感じます。

でも、この博多ぶらぶらも美味しいなと思うので、
たまにサービスエリアなどで見つけると買うことがあります。
ちなみに、この博多ぶらぶらは、左衛門というお菓子屋さんから出ているのですが、
私は、大学生のとき、この左衛門の社長の息子さんと同じところでアルバイトをしていました。
仲良くなったら博多ぶらぶらをもらうことができるのではないかと思っていたのですが、
仲良くはなったものの、博多ぶらぶらを頂くことはできませんでした。

赤福は、賞味期限が短いので、長崎に帰る日に関西空港で買いました。
賞味期限は翌日まででした。
今日持ち帰って今日中には食べてしまうだろうと思っていたので、
賞味期限はあまり関係ないなと思いました。
赤福は家に帰って、彼と私で4個ずつぺロッと食べてしまいました。
やっぱり美味しいなと思いました。
ほどよい甘さがちょうど良く、お餅も柔らかくてとても美味しかったです。
あのあんこの上品な甘さがいいのです。

今回は、十分赤福を堪能することができました。
もっと食べたいなという気もしたのですが、あまり食べ過ぎるとありがたみがなくなるので、
これくらいでちょうど良かったのかもしれません。
赤福、とても美味しく頂きました。

テンゲキに行く

11月 6th, 2012

連休に大阪に行ってきました。
大阪と言えばやっぱりお笑いですよね。
以前大阪に行ったときは、吉本の舞台を見に行きました。
生で見る漫才や新喜劇は、テレビで見るよりかなり面白かったです。
テレビでよく見る森三中が出てきたときは、出てきただけで笑えました。
やっぱり笑いのオーラがあるなと思いました。

今回も何かお笑いの舞台が見たいね、と一緒に行く彼と話していました。
何か面白いものがやっていないかインターネットで調べてみると、
通天閣のすぐそばに松竹の通天閣劇場がありました。
通天閣劇場は、略してテンゲキと呼ばれているのだそうです。
そのテンゲキでは、土、日、祝日に漫才や落語の舞台が開かれていました。
料金が吉本の舞台よりも安く、たくさんの人の漫才を見ることができそうだったので、
今回はこのテンゲキを見てみようということになりました。

通天閣に行くと、テンゲキはすぐに分かりました。
本当に通天閣の目の前にありました。
テンゲキの前では、ダルビッシュに似ているということをウリにしている芸人さんが、
呼び込みのようなことをやっていました。
私達は前もってチケットを購入していたので、そのまま劇場がある地下に向かいました。
テンゲキもなんばグランド花月のような広い劇場なのだろうと思っていたのですが、
びっくりするほどこじんまりとした劇場でした。
ちょっとした宴会場に舞台があってパイプ椅子を並べてあるという感じでした。
座席の指定がなかったので、ちょっと早めに行っていい席を取ろうと言っていたのですが、
お客さんもそう多くなかったので、余裕で前のほうのいい席をとることができました。

漫才は全部で9組でした。
知らない人がほとんどだったのですが、芸人さんの息使いが伝わってきて、面白かったです。
若手の人は、客席の様子を気にしながら話している人もいて、それが伝わってきました。
それに比べて大御所のコンビは、さすがだと思いました。
ぼけとつっこみが絶妙でした。
まさに名人芸でした。
公演時間は、2時間弱でしたが、とても短く感じるくらい面白かったです。
また大阪に行ったときには、行ってみたいなと思いました。

マスカルポーネチーズで

4月 16th, 2012

以前、料理教室で教えてもらったベストマッチの組み合わせがあります。
それは意外な組み合わせですが、

マスカルポーネチーズといぶりがっこ!!

え゛ぇっ!!Σ( ̄口 ̄;;
そう思われたことでしょう。
これが本当に美味しいんですよ~!

私が通っている料理教室は、魚を基本とした料理教室です。
基本的に和食がメインなのですが、先生の試作によってイタリアンやフレンチを融合したものもあります。
マスカルポーネは高いから普段は購入することはないのですが…。
友達が肉の卸業者に勤めているので、店頭に出回る前の美味しいお肉や大量に仕入れたチーズなどを安く購入させてもらっているのです。

以前、マスカルポーネチーズをどっさり送ってもらいました。
我が家は和食等なので、そんなにチーズの出番はないのですが、冷凍して小出しに使います。

今回ご紹介するのが、料理教室で教えてもらった組み合わせのアレンジ料理です♪

マスカルポーネチーズで-273x300

鶏胸肉のマスカルポーネチーズといぶりがっこ和え丼です。
料理教室で習ったレシピのアレンジなので記載は出来ませんが…。

鶏胸肉は塩麹に漬けて3日置いたものを蒸し茹でにしました。
細かく裂いて、マスカルポーネチーズといぶりがっこのみじん切りを和えます。
これにルッコラが合うのですが、常備していないので、大葉の塩漬けを使いました。
味付けは甘くないたまり醤油をほんのちょっとだけ。
いぶりがっこの味だけでOKです(≧∇≦)b

半分を温かいご飯と混ぜて、残りをご飯の上に盛り付けます。
最後に黒胡椒を引いて出来上がり!
豚肉も合うので、機会があればお試しくださいね~。

書籍VS電子書籍の未来は果たして!?

4月 11th, 2012

私が東京にいた頃に行こうと思いつつも行けなかったスポットがある。それが国会図書館だ。雑誌から文庫、ハードカバーに至るまで日本国内で出版された書籍が一堂に収められているという国会図書館。

読書好きの私が一度は行ってみたいと思っていた…いや、今でも思っているスポット。出版不況と呼ばれる昨今であっても、年間に出版される書籍の数は膨大だ。

膨大であるが故、もはや国会図書館には本を収めるスペースがないとされている。そりゃあそうだろう。

図書館のアルバイトをしたことがある。23区内のとある図書館で、規模自体はさほど大きいものではない。だけど大きくはなくとも書籍の管理は大変だ。

利用者が予約した本を図書館内を駆け廻って集める。もちろんカウンター業務だってやらなきゃいけない。そこはそれ、分担作業だけれども図書館スタッフがよくイメージされる「座っていればいい」なんてのは大きな嘘だってことを身をもって知ったのだ。

汗を流し、埃にまみれと結構な体育会系のお仕事なのであった。慣れたら楽しいんだけどね。

さて、多くの人たちがその必要性を感じていながらもいまいち普及が進まない電子書籍。国会図書館に収められた本たちも、電子書籍化がぼちぼちと進められているとか。

ただ、抵抗感は否めないのだろう。本には長い歴史がある。本ではないが、例に出すとここ数十年で流行、消えていこうとしているカセットテープやCDはその発展に至る歴史はあれども本ほどではない。

人類が「書籍」というものを切り捨てるには、まだまだ時間が必要。

先日家電量販店に行った時、電子書籍リーダーのコーナーに立ち寄った。ソニーの「Reader」、TOSHIBAの「Book Place」の2商品が並べられていた。

現行、おそらくはこの2商品が電子書籍業界を引っ張っていくことになるのであろうが、2社とも電子書籍購入の際のマーケットは違う。蔵書数も増えていくとはいえ、まだまだこれから。

だからこそ、私もいずれは購入しようとしているのだが決め手にはならなかった。その家電量販店では、スタッフさんの押しはTOSHIBAの「Book Place」だった。

まあ、著作権やら出版社やらが絡んでくるし容易にヒット作の電子書籍化も難しいのだろうが、電子書籍肯定派の私としては頑張ってほしいところ。

余談だが、上記からもわかるように、私は新しいもの好きである。
今度、ソリオが発売される。
現在買おうか、買わないか悩んでいるところである。

願掛け酵母

4月 9th, 2012

私はグリーンレーズンを使用して自家製天然酵母を育てています。
自家製天然酵母のパンにハマったのは、今から4年くらい前です。
友達が酵母を育て始めたとブログで紹介していたので、私も便乗してみたのです。

その頃の酵母の扱いは酷いものでした。
酵母が元気のいい時は上手く焼けるのですが、ちょっとでも放置しておくと元気がなくなって、パンも硬くて美味しくないものが焼けます。
何度も失敗を繰り返したので、もう自家製天然酵母パンは諦めようと何度も思いました。

去年の東日本大震災の前に、酒粕酵母を作っていました。
私は季節の果物などを使って酵母を起こすのが好きなのです。
冬は酒粕で起こすと非常に元気がいいので、震災前に何度か焼いていました。

ところが、原発の事故後、節電を余儀なくされました。
当然、オーブンを使うパン焼きは自粛しました。
その自粛している間に、酒粕酵母は死んでしまったのです。
酵母は常に発酵しているので、花の水やりのように糖分を与えたり空気の入れ替えをしてあげないと死んでしまいます。

今度こそ酵母作りは封印しようと思った矢先でした。
パン屋になることを夢見ているブロガーさんが、製パン学校で習ったという酵母の起こし方を書いてくださっていました。
そして、望みを託すかのように、最初はレーズンで酵母を起こしました。(途中からグリーンレーズン)
それが5月16日のことです。

それまでは、2ヶ月くらいが限度だったのですが、殺菌しながら継いでいくといつまでも元気がいいことが分かりました。
ずっと育てていこう!
そうすれば、きっと東日本の復興だって必ず大丈夫!
そんな願掛けと共に今日まで来ました。

願掛け酵母-300x300

本日、3月11日は、東日本大震災より丸1年が経った日です。
尊い命の火が沢山消えてしまいましたが、私の酵母がいつまでもシュワシュワと元気よく育っているので、何年でも継いでいきたいと思います。